NEWS

オンラインストアに ヴィンテージ "Katsuo Matsumura, Tray Table" をアップしました

news_2019.7.4.jpg

オンラインストアに 松村 勝男 デザイン、山口木材工芸社製の "トレイテーブル" をアップしました。

建築家、吉村 順三に師事し、長 大作や水之江 忠臣らと共に戦後の家具デザインの礎を築いたデザイナー、松村 勝男 が1963年にデザインを手がけ、山口木材工芸社から発表された トレイテーブル。 1960〜70年代のヴィンテージです。

X字型の折りたたみ式の脚部に天板となるプライウッド製のトレイが乗るシンプルかつ機能的な構造で、ローコストで日本人の体型や生活様式に合った家具を数多く手がけた 松村 勝男 らしさが感じられるデザイン。 1966年にはグッドデザイン賞も受賞しています。
80年代後半頃まで大手百貨店や家具店を中心に販売され、折りたたみ式の機能性やコンパクトなサイズに加え、モダンなデザインとユニークな発想からギフトでの需要も多かった様子。 現在では製造が終了し、ヴィンテージでしか入手できない作品となっています。 当時、チーク材とローズウッド材の2種類の木種で製造されていましたが、本品はローズウッド材。 ヴィンテージ市場でもあまり多くはない作品ですが、特にローズウッド材は稀少性が高く、コンディションの良い個体は珍しいかと思います。
サイドテーブルとしてソファやイージーチェア脇でテーブルランプやオブジェを飾ってみたり、単体で花器の置き台としてなどフレキシブルにお使いいただけます。 和室に取り入れてモダンな空間を演出してみるのもおもしろいと思います。

店頭ではすでに展示をしておりますので、ぜひ実物をご覧に足をお運びいただければと思います。 ご来店が難しい遠方にお住まいの方などには詳細画像をお送りすることも可能ですので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
Vintage "Katsuo Matsumura, Tray Table (1960-70s)"