NEWS

ヴィンテージ "Kai Kristiansen, Dining Chair No.42" が入荷しました

news_2018.12.14.jpg

カイ・クリスチャンセン デザイン、スコウ・アンデルセン社製の "ダイニングチェア No.42" が入荷しました。

デンマーク近代家具デザインの父と称されるコーア・クリントに指示し、独創的でありながらも人間工学を考慮したデザインに定評のあるデンマーク人デザイナー、カイ・クリスチャンセン が1956年にデザインしたダイニングチェア No.42。 現在では徳島県の宮崎椅子製作所で復刻されているため日本でも馴染みが深く、世界中で愛されている カイ・クリスチャンセン の代表作です。
ひと目でそれと分かるシャープなくの字型の短いアーム、そしてそのアームから背後へ伸びる後脚のスマートなライン。 当時、商品化は不可能とさえ言われたフォルムは彫刻作品のように美しく、デザインの質が高い北欧ヴィンテージ家具の中でも他とは一線を画す存在感のある作品です。 実際に座ってみると、華奢な見た目からは想像できないほど安定感があり、機能性の高さからも優れたデザインであることが実感できます。
1950年代から60年代にかけて、フレームの木種はオーク材、チーク材、ローズウッド材で製造されていました。 オーク材は現行品でも製造されているものの、チーク材とローズウッド材は環境保護の観点から現在では製造がなく、ヴィンテージでしか手に入れることのできない希少なモデルです。 これまで遠いデンマークの地で大切に使われていたように、これからも長くお使いいただける方に引き継いでいただければと思います。

今回、チーク材とローズウッド材のモデルが1脚ずつ入荷しました。 各モデルともメンテナンス前のストックもございますので、複数脚をご希望の場合はお気軽にご相談ください。


店頭ではすでに展示をしておりますので、ぜひ実物をご覧に足をお運びいただければと思います。 ご来店が難しい方には詳細画像をお送りすることも可能ですので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
Vintage "Kai Kristiansen, Dining Chair No.42 Teak (1960s)"
Vintage "Kai Kristiansen, Dining Chair No.42 Rosewood (1960s)"