NEWS

ヴィンテージ "Finn Juhl / Teak Bowl" が入荷しました

news_2020.3.20.jpg

フィン・ユール デザイン、カイ・ボイスン工房製のチークボウルが2点入荷しました。

デンマークを代表する建築家でありデザイナーの フィン・ユール が1950年代にデザインを手がけ、カイ・ボイスン工房で制作されていたチーク材のボウル。 1960〜70年代のヴィンテージです。
カイ・ボイスン が自身の工房の製品として フィン・ユール にデザインを依頼したことから誕生した木製ボウル。 シリーズとして幾つかの形、サイズがありますが、今回入荷した2点は大変稀少な中〜大サイズのもの。 ひとつはフィン・ユール のボウルで象徴的なデザインとして挙げられる舟形の作品。 そして、もうひとつが底面に小さな3つ脚がついた少しユニークな作品です。

贅沢にも大きなチーク無垢材から削り出され、なだらかな優美な曲線が交じり合う美しいフォルムは、器を超越しもはや彫刻作品。 長きに渡り、世界中のコレクターが収集に夢中になるのも頷けます。 かく言う私もそのひとりで、昔からウッドボウルに魅了され様々なものを収集しています。 北欧のものよりは、どちらかというと ジェームス・プリスティーニ や ボブ・ストックスデール らアメリカものやドイツものに惹かれがちですが、フィン・ユール は別格。 いつまでも、いくつでも欲しいと思わせてくれるのです。

今回入荷した2点は、どちらも国内のコレクターの方が当時新品を購入し、キャビネットの上に飾るなど長きに渡り観賞用として大切にされていたものです。 経年により深みを増したチーク材の色合いも良く、とても綺麗な状態が維持されているエクセレントコンディション。 今後ここまで良いコンディションの個体には出会えないのではないかと思えるほどの素晴らしさです。

すでに店頭では展示販売をしています。 実際に見て、触れていただき、その美しさや重量感を直に感じていただきたいと思います。 ご来店が難しい方には詳細画像をお送りすることも可能ですので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
VINTAGE "Finn Juhl / Teak Bowl (1960-70s) ※舟形"
VINTAGE "Finn Juhl / Teak Bowl (1960-70s) ※3つ脚つき"