NEWS

オンラインストアに ヴィンテージ "Katsuo Matsumura, Tray Table" をアップしました

news_2019.7.4.jpg

オンラインストアに 松村 勝男 デザイン、山口木材工芸社製の "トレイテーブル" をアップしました。

建築家、吉村 順三に師事し、長 大作や水之江 忠臣らと共に戦後の家具デザインの礎を築いたデザイナー、松村 勝男 が1963年にデザインを手がけ、山口木材工芸社から発表された トレイテーブル。 1960〜70年代のヴィンテージです。

X字型の折りたたみ式の脚部に天板となるプライウッド製のトレイが乗るシンプルかつ機能的な構造で、ローコストで日本人の体型や生活様式に合った家具を数多く手がけた 松村 勝男 らしさが感じられるデザイン。 1966年にはグッドデザイン賞も受賞しています。
80年代後半頃まで大手百貨店や家具店を中心に販売され、折りたたみ式の機能性やコンパクトなサイズに加え、モダンなデザインとユニークな発想からギフトでの需要も多かった様子。 現在では製造が終了し、ヴィンテージでしか入手できない作品となっています。 当時、チーク材とローズウッド材の2種類の木種で製造されていましたが、本品はローズウッド材。 ヴィンテージ市場でもあまり多くはない作品ですが、特にローズウッド材は稀少性が高く、コンディションの良い個体は珍しいかと思います。
サイドテーブルとしてソファやイージーチェア脇でテーブルランプやオブジェを飾ってみたり、単体で花器の置き台としてなどフレキシブルにお使いいただけます。 和室に取り入れてモダンな空間を演出してみるのもおもしろいと思います。

店頭ではすでに展示をしておりますので、ぜひ実物をご覧に足をお運びいただければと思います。 ご来店が難しい遠方にお住まいの方などには詳細画像をお送りすることも可能ですので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
Vintage "Katsuo Matsumura, Tray Table (1960-70s)"

ルイズビィ ポップアップストア "ルイズビィのアフリカンバスケット祭" 開催のお知らせ

news_2019.6.21_1.jpg

news_2019.6.21_2.jpg

ルワンダの女性たちによって受け継がれ、幸せの象徴として「幸せのかご」と呼ばれているバスケット。 現代でもルワンダの嫁入り道具のひとつとして欠かせないアガセチェ(蓋つきバスケット)など…。

アフリカの生産者と契約し、大陸の生命力に溢れる色彩、伝統を受け継ぐ繊細な手仕事によるアフリカメイドアイテムをオリジナルで製作している RuiseB(ルイズビィ)。 フェアトレードとして現地の作り手の生活を支えながら、作り手と共に民芸品の域を超えたクオリティの高い製品を手がけ、その魅力を日本に伝えているブランドです。

DWARF では6月22日(土)から7月15日(月・祝)まで期間限定のポップアップストアとして "ルイズビィのアフリカンバスケット祭" を開催いたします。 ルイズビィがブランド立ち上げ当初から製作を手がけているルワンダバスケットを中心に、同じくルワンダのアガセチェ(蓋つきバスケット)、ケニア カンバ族の女性たちが編み上げるバッグやアフリカンファブリックの巾着など、見ているだけでもワクワクするアイテムが多数店頭に並びます。 日本から遠く離れたアフリカの地でひとつひとつ丁寧に作られているアイテムを直にご覧いただき、その先にあるストーリーやルイズビィの活動に共感していただければ幸いです。
会期中は、ちょうど梅雨から真夏に差しかかる心躍る季節。 色鮮やかなアフリカメイドアイテムで愉しい夏をお過ごしください。

取り扱い商品や追加商品につきましては、InstagramFacebook にて随時ご紹介をしておりますのでぜひご覧ください。
また、商品の詳細につきましては、 RuiseB(ルイズビィ)サイト にてご覧ください。


【 ルイズビィ ポップアップストア "ルイズビィのアフリカンバスケット祭" 】
会期:6月22日(土)〜7月15日(月・祝) ※火・水曜日は定休日となります。
場所:DWARF / 東京都目黒区三田2-4-8
TEL:03-6452-4071
営業時間:12:00〜19:00

ユーズド "Windsor Chair" が入荷しました

news_2019.6.18.jpg

都内モデルルームで展示品として短期間使用されていたウィンザーチェアが大量60脚入荷しました。

素材にタモ無垢材を使用した6本スポークのウィンザーチェア。 シンプルなデザインで使い勝手が良く、ダイニングチェアやワークチェアとして実用的にお使いいただけます。 インテリアとして座面にグリーン(植物)を飾ったり、カラーオイルやペンキでお好みの色にペイントをするなど、カスタムをお楽しみいただくのもお勧めです。
モデルルームで展示品として使用されていたユーズド品となりますが、使用頻度が少なく、傷や汚れが少ない良コンディションです。 色焼けもなくフレッシュな状態ですので、使い込むうちに味わいが増していく経年変化もお楽しみいただけます。

同コンディションの個体が大量に入荷しましたので、お買い求めやすい価格になっています。 素材や作り、コンディションなどを総評すると大特価かと思います。 店舗やオフィスなど、多数必要な場合にも対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
Used "Windsor Chair (2010s / モデルルーム展示品)"

オンラインストアに CAJA Prima series "CAJA Easy Chair" "CAJA Dining Chair"をアップしました

news_2019.5.22.jpg

オンラインストアに CAJA Prima series "CAJA Easy Chair, Type 2 (背 籐張り)" "CAJA Dining Chair" をアップしました。

国内随一の家具の産地として長い歴史と伝統をもつ岐阜県高山市を拠点に活動し、木工家具職人として長いキャリアをもつ川上 博一(かわかみ ひろいち)氏がデザインと制作を手掛けるブランド CAJA Prima series(カヤ プリマシリーズ)。 北欧の名作チェアにも引けを取らない美しいプロポーションと驚くほどに素晴らしい座り心地は、屈指の職人技と独創的な美的感覚によって生み出されています。

背もたれから後脚へと繋がるしなやかな曲線、前方へ向かい細くシャープに表現された肘掛け、その肘掛けの先端に段差なく繋がれた前脚との接続部。 良質な無垢材を丁寧に削り出して形づくられるフレームはどこを切り取っても美しく、作り手の確かな技術と細部にわたる気遣い、ものづくりに対する情熱がひしひしと伝わってきます。
肘掛けに手を置き、そっと腰を下ろしてみると、着座の瞬間からその素晴らしさをご実感いただけます。 日本人の体型や生活様式を考慮したコンパクトなサイズ感や身体にフィットする絶妙のラインが心地良く、一切のストレスを感じさせない優しい座り心地。 私個人としては、ここ10年…間違いなくこの5年間で腰掛けた椅子の中では一番の座り心地でした。
建築家やデザイナー、スタイリストなどインテリアに精通したプロもこぞって絶賛する極上の一脚。男女問わず、どの年齢層の方にも自信を持ってお勧めをさせていただいております。 まだお試しいただいていない方は、ぜひ一度店頭にてお試しいただきたいと思います。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。

CAJA Prima series "CAJA Easy Chair, Type 2 (背 籐張り)"
CAJA Prima series "CAJA Dining Chair"

ヴィンテージ "Borge Mogensen, Cabinet" が入荷しました

news_2019.5.10.jpg

ボーエ・モーエンセン デザイン、ソボー モブラー社製のキャビネットが入荷しました。

デンマークを代表するデザイナー、ボーエ・モーエンセン がデザインを手がけ、1950年代〜70年代にデンマークの工房、ソボー モブラー社で製造されていたキャビネット。 シンプルでありながらも良質な素材と機能美に優れた モーエンセン らしいデザインで、扉のハンドルや真鍮製の金具、チーク材とバーチ材のコントラストがさりげないアクセントとなっています。
木目の流れが美しく繋がる前面が観音扉となっているシンプルな構造で、手掛りの良いハンドルに手を掛け扉を左右に開くと、そこには広々とした収納スペースが現れます。 付属する3枚の可動式棚板は4cmごとに細かく高さ調整ができるため、スペースを無駄にすることなく洋書から文庫本まで段ごとに高さを揃えて整然と並べられます。 市販の収納ボックを併用して細々としたものを収納したり、キッチンでは食器棚としてなど、様々なシーンでの活躍が期待できます。

店頭ではすでに展示をしておりますので、ぜひ実物をご覧に足をお運びいただければと思います。 ご来店が難しい遠方にお住まいの方などには詳細画像をお送りすることも可能ですので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせください。

商品の詳細やオンラインでご購入の際は、こちらの商品ページをご覧ください。
Vintage "Borge Mogensen, Cabinet (1960s)"

| 1/18PAGES | >>